日本庭園

ホーム>日本庭園>庭園マップ・見どころ

庭園マップ・見どころ

日本庭園

大池泉庭

主景である「大池泉庭」は、前庭を左に折れて進んだところにあり、東・南・西の背後に築山を配し、滝石を豪華に組み、池泉中央には中島を浮かべ端正な美しさを漂わせています。

布落ちの滝

東の築山から流れる「布落ちの滝」は、格調高い滝石組から流れ落ちる水は清爽な美しさがあり、滝囲いの楓は滝の景色に奥深さと色どりを添えています。

渓流の滝

南と東の築山より落ちる「渓流の滝」は、谷間の美しい流れを再現しており、下草を配して風趣に富んだ構成となっています。

三段落ちの滝

南面中央にかかる大滝は、「三段落ちの滝」といい、高い峰から流れ落ちる瀑布を表しており、その雄大な眺めは周囲の景石や松、サツキなどの木々と共に、この庭園の大きな見所となっています。

枯山水庭

小池に西側には、白い築地塀を背景に美しい色調の椎葉石を配した「枯山水庭」があり、全面の白砂は水を、背後の石組は遠山を表しています。

四阿

左右の築山には鑑賞と憩いのための四阿を設けています。

茶室・茶会棟

大池北側の茶室は伝統的な茶事のできる草庵風の茶室棟、大寄せの茶会などを行う茶会館棟及び椅子席の立礼棟をL字型に配置し、その外観は数寄屋造りとして、庭園の景観との調和を図っています。


ページトップ