西公園のご案内

ホーム>西公園のご案内>西公園について

西公園について

西公園

西公園は福岡市のほぼ中央に位置し、古くは「荒津山」と呼ばれました。博多湾に突き出た面積約17万平方メートルの丘陵地で、福岡市内、博多湾、志賀島を一望できます。明治14年に自然の丘陵と眺望、渓谷を活かした公園として整備され、その後マツ・シイ・カシなどの自然林にサクラ・ツツジ等を植栽して風致公園となりました。春は「 さくら名所100選」にも選ばれた約1,300本のサクラが咲き、秋にはモミジ、イチョウ等が色づく、都心とは思えないほどしっとりとした散策路を有する県民憩いの公園です。

※この公園の敷地の約6割は、国からの無償貸付を受けています。
ページトップ